【神社】常陸国総社宮@御朱印〜ジャングル大帝の令和奉祝版御朱印帳

常陸国総社宮

お正月の1月3日、茨城県石岡市にある常陸国総社宮(ひたちのくにそうしゃぐう)を参拝しました。

令和初のお正月ということで、何か記念になるような御朱印帳が欲しいと思っていました。ジャングル大帝が描かれた御朱印帳の令和奉祝デザインが頒布されると聞きつけて行ってみました。

スポンサーリンク

常陸国総社宮について

20200103_常陸国総社宮_17

2020年1月3日、限定の御朱印帳の頒布があると聞きつけて茨城県石岡市にある常陸国総社宮に行ってきました。
常陸国総社宮は、石岡市という茨城県南部に位置する市にある総社神社です。

総社とは、それぞれの律令国に鎮まる八百万の神々を国衙近くの一ヶ所に合祀した神社であり、全国で55社が確認されています。国司たちは総社を拝することで自らが治める国の数多の神々に祈りを捧げたのです。
(常陸国総社宮HP:http://sosyagu.jp/about/

地域の神様を集め集約的な祭りごとを行ったり、国司たちが巡礼するかわりに祈りをささげられる場所のようです。

JR常磐線の石岡駅が最寄りとなり、東京からだと常磐線の各駅停車か特急列車(ひたち、ときわ)を使用してアクセスすることになります。そこから、総社宮まで徒歩で20分程度です。ちょっとした小旅行になりますね。

スポンサーリンク

御朱印帳の列に並ぶ

20200103_常陸国総社宮_01
総社宮に着いたのは、12時半頃。13時より御朱印帳の頒布が開始されますので、30分前に着いたことになります。
すでに、頒布場所から50mほどの列ができていました。10時過ぎに訪れたという知人によると、その時すでに5人ほど並んでいたとのこと!この寒空の下、3時間も待つなんてかなり本気で並んでいる方がいるようです。

参拝だけの方がしばらく間違って並んでおられた方がいましたので、御朱印帳目当てではない方は注意。参拝はそこまで混んでいることはありませんので列は素通りしてくださいね。

本日(1/3)の配布は250冊だったので、250人を超えて並んでいた場合は整理券が配布されると言われていました。神社のスタッフの方が何回か人数を数えに来ていましたが、整理券の配布はありませんでしたので250人よりも少なかったようです。

20200103_常陸国総社宮_04

13時になると列が動き始めました。書き置きしてある御朱印帳を受け取るため、サクサク列が進みました。

20200103_常陸国総社宮_03

並び列の右手にはちょっとした出店があって、ずっとバターの香りがしていました。

20200103_常陸国総社宮_08

神社の入り口に入ってすぐの左手に白いテントで特設授与所が用意されており、限定御朱印の授与所と並んでいました。12時半から並んで13時15分くらいには受け取れましたので、待ち時間は45分くらい。

もっと待つかと思っていましたので、良かったです。

スポンサーリンク

限定御朱印帳をいただく

20200103_常陸国総社宮_13

限定の御朱印帳をいただきました。御朱印含めて3,500円でした。レオや動物たち、獅子舞がデザインされています。また、今回頒布されたのは「令和奉祝版」でしたので、令和をお祝いするように左上の鳥が日の丸を掲げています。

石岡市は、関東三大祭の一つである「石岡のおまつり」でも有名です。おまつりの獅子とレオがにらみ合う姿がデザインされています。

刺繍が細かくて、動物たちの動きがあるイラストが素敵すぎる!

20200103_常陸国総社宮_12

常陸国総社宮の御朱印です。書置きを張ったものになりますが、達筆。

20200104_常陸国総社宮_02

お正月限定の御朱印帳もいただいてきました。自分の御朱印帳にも新年用の御朱印を書いていただけるのですが、書き置きの方がデザインが素敵だったので書き置きの方を選びました。限定御朱印は、500でいただけます。

スポンサーリンク

総社宮の本殿と神石

20200103_常陸国総社宮_14

本殿は1番奥にあります。もう午後であったためかそんなに混んでなく、並ばずにお参りができましたよ。

20200103_常陸国総社宮_11

手塚治虫プロダクションがデザインした看板と、日本武尊の腰掛石です。その名の通り、日本武尊が腰掛けたと言われているそう。常陸総社宮を建立するときに、この神石があったためにこの場所が選ばれたとも言われています。

20200103_常陸国総社宮_15

オリンピックにちなんだ、五輪のオブジェと今年の干支であるネズミのオブジェが。おみくじがくくれるようになっていました。

20200103_常陸国総社宮_16

お正月なので、ダルマも種類がいっぱいです。

スポンサーリンク

令和奉祝版と限定御朱印帳の違い

20200104_常陸国総社宮_03

令和奉祝版は、紺の例年の限定御朱印帳と比べると一回り大きい作りになっています。

右側の紺の限定御朱印帳は、例年はお正月と9月のお祭りの時期に限定で頒布されているものです。

20200104_常陸国総社宮_04

裏表紙には限定御朱印帳と異なり、日本国旗と「奉祝令和」の文字が刺繍で入っているんですよ。

令和奉祝版ですが、昨年の9月の例大祭のときにも同じものが頒布されたのですが抽選での頒布だったようです。それに比べるとかなり手に入れやすくなったのだと思います。

限定御朱印帳の頒布が決定すると、公式ホームページのお知らせに掲示されますので是非そちらをチェックしてください。(常陸国総社宮HPお知らせ:http://sosyagu.jp/information/

スポンサーリンク

常陸国総社宮まとめ

  • 住所
    • 茨城県石岡市総社2丁目8-1
  • アクセス
    • JR常磐線 石岡駅から徒歩20分
  • 御朱印受付
    • 9:00~17:00
  • ホームページ

コメント