豊川稲荷東京別院~女性に人気のかわいいご朱印帳を頂く

P2040019

ご朱印帳をいただくために、東京都赤坂にある豊川稲荷を参拝してきました。

こちらのお寺のご朱印帳はとてもかわいいデザインで、女性にとても人気があります。

限定デザインが販売されると2週間で完売してしまうほど。

私も気になるデザインがあったため、行ってきました!

スポンサーリンク

豊川稲荷東京別院について

豊川稲荷とは、

豐川稲荷は正式名を「宗教法人 豐川閣妙嚴寺とよかわかくみょうごんじ」と称し山号を圓福山えんぷくざんとする曹洞宗そうとうしゅうの寺院です。

豊川稲荷ホームページより

愛知県豊川に本山がある豊川稲荷の別院、「稲荷」なので神社のように思われますが、寺院とのこと。

金運と仕事運UPのご利益が有名なようです。

スポンサーリンク

ご朱印帳を購入しようと思った2つの理由

記録として残したい

私は旅行が好きで遠方の神社仏閣に訪れる機会も多いのですが、頻繁に行けないところなので、記憶だけでなく記録に残したいと思っていました。

神社仏閣を訪れる機会増えた

今年は厄払いで神社仏閣に行く機会が例年より増えたため、ご朱印をもらっている人をよく見かけるようになり、「わたしも欲しいな」と思うようになりました。

スポンサーリンク

豊川稲荷東京別院の参拝へ

P2040035

東京メトロ銀座線・丸ノ内線の赤坂見附駅から徒歩5分です。

ゆるやかな坂をのぼったところに寺社が見えてきます。

P2040025

入口から入ってほどなく右手に本殿があります。

2月初旬の土曜日昼過ぎに参拝しましたが、境内に参拝客はまばらでした。

P2040021

他のお寺とは大きく違うところがありました!

ふつうであれば狛犬がお出迎えしてくれると思うのですが、ここでは狛狐が置かれています。

豊川”稲荷”だから狐なのかな。

P2040027
本殿の奥には奥の院、三神殿があり、その前にはお稲荷様がぎっしり。

お供えものとして、油揚げが置いてありました♪

スポンサーリンク

ご朱印帳を購入

P2040032

さて、今回いただいたご朱印帳はこちらです。

私が参拝した日は定番柄4柄に加えて、期間限定柄が用意されていました。

悩みに悩んで、一番人気らしい定番柄4柄のひとつから、一番華やかでピンク色がかわいらしかった重陽(ちょうよう)を選びました。

重陽とは「きくのせっく」のことで、それをイメージしたデザインです。

今回頂いたご朱印帳は、有名な和紙の老舗「榛原(はいばら)」で作られているようですよ。

豊川稲荷で取り扱っているご朱印帳と同じ柄のものが、榛原のオンラインショップや、Amazonなどで一部購入ができるようでした。

P2040033

本殿の右手にある社務所にて、300円を納さめご朱印をいただきました。

私の記念すべき人生初めてのご朱印です!

こちらのご朱印帳で全国各地のお寺をまわり、ご朱印を集めて行こうと思います。

スポンサーリンク

豊川稲荷東京別院のまとめ

限定御朱印帳について

豊川稲荷東京別院の職員による『非』公式ブログで最新情報が公開されています。限定の御朱印帳のデザインを見ることができます。
LINK 豊川稲荷東京別院の日常日記

コメント