【神社】烏森神社(新橋)@御朱印~サラリーマン街の新橋で、カラフルな御朱印を頂く

20170916_0012_烏森神社.jpg

東京都新橋にある「烏森神社(からすもりじんじゃ)」を参拝しました。

サラリーマンの町でおなじみの新橋駅から徒歩数分の場所にあり、雑居ビルの間にある小さな神社です。この神社はカラフルな御朱印が頂けるということで有名です。

スポンサーリンク

烏森神社参拝

サラリーマンの街にあるコンクリート造りの神社

20170916_0002_烏森神社.jpg

新橋駅には烏森口という改札があります。

改札の名前には北口、南口と方角がついていますが、「烏森(からすもり)」って何だろうと調べると、新橋駅付近は江戸湾の松林で、カラスなどの鳥類がよく集まっていたことに由来するそうです。

そして、新橋という地名は東海道の「新橋」に由来するそうで、こちらは江戸時代からの地名だそうです。

20170916_0007_烏森神社.jpg

そんな烏森神社は新橋駅から徒歩3分以内と言う立地です。

テレビで酔っぱらったサラリーマンがインタビューを受けている場所でおなじみのSL広場からすぐ近くです。

20170916_0010_烏森神社.jpg

階段の登り降りをせずに到着し、雑居ビルの隙間にひっそりと鎮座しています。

20170916_0011_烏森神社.jpg

4色の印が押されたカラフルな御朱印です。

御守りが付属することから、初穂料は500円に設定されています。

20170916_0015_烏森神社.jpg

敷地が狭いので、手水舎が一人用で、こじんまりとしていました。

20170916_0014_烏森神社.jpg20170916_0017_烏森神社.jpg

本殿は堅牢なコンクリート造りです。

新橋の飲み屋街のど真ん中にあり、この神社の境内だけ隔離された空間のようです。

仕事守や出張安全御守で仕事人の味方の御利益

20170916_0030_烏森神社.jpg

20170916_0020_烏森神社.jpg

部分部分のレイアウトがデザイナーズマンションのようでモダンですが、歴史は古く、1000年以上前の940年に起源があるようです。

20170916_0018_烏森神社.jpg

小さいながらお守りの数も豊富でした。

20170916_0019_烏森神社.jpg

サラリーマンの街らしい「仕事守」や「出張安全御守」があるのが特徴だと思いました。ちなみに余談ですが、仕事が失敗した場合、新橋の営業マンは「切腹最中」を購入するらしいです。

限定御朱印もある4色のカラフルな御朱印を頂く

20170916_0022_烏森神社.jpg

本殿の左手に社務所があり、お守りや御朱印を頂くことができます。

20170916_0024_烏森神社.jpg

御朱印は事前に半紙に書かれたものでした。月に数回、実際に書いてもらえる日があるようですのでチェックですね。

各色に祈願の所縁があります。

恋愛・良縁
金運・商売繫盛
厄除け・学業・仕事運
健康・家庭

ひな祭りや七夕や年越しなど、行事ごとに限定御朱印があり、参拝客が長蛇の列を作るそうです。

20170916_0026_烏森神社.jpg

御朱印と一緒に無病息災の御守と幸飴を頂きましt。

カラフルな装飾が目立つ心願色みくじ

20170916_0027_烏森神社.jpg

本殿一階には「心願色みくじ」のスペースがありました。

20170916_0028_烏森神社.jpg

20170916_0029_烏森神社.jpg

前述した4つの色をモチーフにしたおみくじを引くことができます。

おみくじを引くだけではなく、願い札に願いごとを書いて奉納することができます。

20170916_0032_烏森神社.jpg

御朱印と一緒に頂いた「幸飴」を境内から出てすぐに食べました。味は「ミルキーはママの味」でおなじみの不二家ミルキーに酒粕を混ぜたような味でした。

【神社】愛宕神社(虎ノ門)@御朱印~東京23区の最高峰、出世の階段を登る
東京の虎ノ門ヒルズにほど近い、愛宕神社に行ってきました。 愛宕神社は港区の愛宕山の頂上にあり、東京23区の最高峰とのこと。 昨年、京都に行った際に愛宕神社に参拝してきたこともあり、都内の方も行ってみることにしました。

烏森神社を参拝後、歩いて虎ノ門にある愛宕神社に向かいました。

スポンサーリンク

烏森神社のまとめ

20170916_0008_烏森神社.jpg

サラリーマンの街、新橋。喧騒から隔離された烏森神社でした。

コメント