【東京十社めぐり】亀戸天神社@御朱印~スカイツリーと神社が江戸と東京を繋ぐ風景

20170114-亀戸天神社_0008.jpg

東京都亀戸にある「亀戸天神社(かめいどてんじんじゃ)」を参拝しました。

東京十社めぐりの4番目に訪れた神社になります。亀戸天神社は菅原道真(すがわらのみちざね)を祀り、江戸時代の1600年頃に建てられました。

江東区の亀戸にあり、下町風情がある神社ですが、背景にはスカイツリーが見え、昔と現代を繋ぐ風景があります。

スポンサーリンク

亀戸天神社参拝

東武線のスカイツリー駅から徒歩でアクセスする

 

IMG_2066.jpg

亀戸天神社へのアクセスですが、東京メトロ、JR、東武線の各最寄り駅から離れた位置にあるので厄介です。

今回は、押上駅(おしあげえき)から徒歩で向かいました。

IMG_2069.jpg

押上駅ということで、スカイツリーの根元です。

2012年に開業したスカイツリーから江戸に建てられた神社に向かうというのもロマンがありますね(?)

合格祈願をする参拝客で賑わう境内

20170114-亀戸天神社_0003.jpg

押上駅から15分ほど歩き、ようやく亀戸天神社に到着です。

20170114-亀戸天神社_0004.jpg

亀戸天神社の由来が書かれた石碑がありました。江戸時代から「学問の神様」として信仰の対象となっているそうです。

20170114-亀戸天神社_0006.jpg

学問の神様として知られる菅原道真と亀有は何のゆかりのない土地です。末裔が福岡(大宰府)から信仰を伝えるために江戸で広めたそうです。

菅原道真は平安時代の人物ですが、相当なカリスマ性があったんでしょう。

20170114-亀戸天神社_0005.jpg

新東京百景」というのに選出されているらしいです。調べてみると結構行ったことがある場所が多かったです。ちなみに東京十社では他に品川神社が選出されていました。

伊豆諸島も選出されているのでコンプリート出来る人はいるんでしょうか…。

20170114-亀戸天神社_0007.jpg

神社とスカイツリー、江戸と東京が融合している風景です。

ちなみに新東京百景は82年選定なので、スカイツリーは当然存在していないのです。

20170114-亀戸天神社_0009.jpg

奥へと進んで行きます。

お賽銭の行列が出来る程に参拝客がいました。

20170114-亀戸天神社_0010.jpg

訪れた時期は1月。

受験シーズン真っ只中で、子供の合格祈願に訪れる親が多かった印象です。

20170114-亀戸天神社_0011.jpg

御朱印を貰っている間、社務所を観察していると合格祈願のお守りと絵馬が飛ぶように売れていました。

IMG_2097.jpg

【東京三大豆大福】松島屋@泉岳寺~餡の甘さと塩加減の絶妙なバランス
東京三大シリーズの旅です。 今回は「東京三大豆大福」の一つ泉岳寺の「松島屋」に行ってきました。 大正七年(1918年)創業の老舗和菓子店。十勝産の赤えんどう豆を入れたお餅で、石狩産小豆で作られた餡の「豆大福」が一番人気です。 昭和天皇が食べていたというエピソードがあると...

賑わいをみせる境内の隅っこで、訪れる前に泉岳寺で買った大福をもぐもぐと食べていました。

亀戸天神社の御朱印を頂く

20170114-亀戸天神社_0012.jpg

頂いた御朱印がこちらです。

シュッとした字で書いてもらい、お気に入りです。

IMG_2094.jpg

亀戸天神社は藤の名所として知られています。境内にある100株以上ある藤が4月下旬~ゴールデンウィーク頃に開花するそうです。

1月にはなにも咲いてないのかと思いきや椿と蝋梅(ろうばい)が咲いていました。特に蝋梅が甘い香りを漂わせていました。

スポンサーリンク

亀戸餃子を食べに行く

ひたすら餃子が提供される亀戸餃子の本店へ

20170114-亀戸餃子_0001.jpg

参拝を終えて、亀戸駅前に移動しました。

20170114-亀戸餃子_0002.jpg

目的のお店は「亀戸餃子」の本店です。

亀戸餃子は昭和30年頃に創業し、50年以上続く餃子の専門店です。満州で食べた餃子を戦後の日本で提供するという餃子の老舗で良く聞く話で、この店もその一つだそうです。

20170114-亀戸餃子_0003.jpg

亀戸駅前の路地裏という立地にあります。この下町で慕われ続けている餃子を一度食べてみたかったのです。

20170114-亀戸餃子_0006.jpg

行列は出来ていましたが、回転が早く、スムーズに店内に入れました。

暖簾をくぐると「ジュー」っと餃子の焼く音がして、店内に入った瞬間に食欲を掻き立てられました。

20170114-亀戸餃子_0004.jpg

席に着くと同時に店員のおばちゃんがからし付きの小皿を置いてくれます。

野菜たっぷりの餃子は何個でも食べられる

20170114-亀戸餃子_0008.jpg

そして、オーダーを取られることなく、自動的に餃子が提供されました。

20170114-亀戸餃子_0007.jpg

亀戸餃子は餃子しかメニューがありません。餃子一皿250円です。

20170114-亀戸餃子_0011.jpg

白いご飯もありません。あるのは飲み物のメニューだけです。亀戸餃子は食事をするところではなく、餃子をあてにお酒を飲むところなんです。

20170114-亀戸餃子_0009.jpg

餃子はからしをつけて食べるのが特徴です。

20170114-亀戸餃子_0005.jpg

テーブルにはラー油もあるので、味に変化をつけることができます。

20170114-亀戸餃子_0010.jpg

小ぶりで野菜多めなのであっさりしていながらジューシー。何個でも食べられそうです。栃木県宇都宮の餃子の有名店「正嗣(まさし)」の餃子に似ていて、それを小ぶりにした感じです。

食べ終われば、自動的に提供されます。

回転寿司のように最後は食べた分のお皿をカウントして清算します。

亀戸駅前

餃子を食べ終えて、亀戸駅前へ。

食事も終えてこのまま帰宅したい気持ちもありますが…義務的に次の神社である富岡八幡宮を目指します。

【東京十社めぐり】富岡八幡宮(門前仲町)@御朱印~深川八幡祭りと江戸の庶民信仰が残る
東京都江東区にある富岡八幡宮(とみおかはちまんぐう)を参拝しました。 8月15日に開催される「深川八幡祭り」は江戸三大祭りの一つです。門前仲町(もんぜんなかちょう)は、この富岡八幡宮や永大寺に隣接した門前町です。 臨海地区の開発に伴いオフィスが乱立する地区ですが、現在でも...
スポンサーリンク

亀戸天神社のまとめ

亀戸天神社

学問の神様と言われる菅原道真は貴族出身で、幼少期に神童と呼ばれ、文学と政治に才を発揮した人物です。朝廷没落の汚名を着せられ、大宰府へと左遷。ゆかりの無い地で終焉を迎えたそうです。

華々しい経歴からの転落人生ですが、没後に功績が再び評価されています。信仰として1000年以上を越えて生き、遥か彼方の江戸に影響を及ぼす。凄いことです。

福岡にある大宰府天満宮と同じ造りをしているそうなので、いずれ大宰府にも行ってみたいと思いました。

スポンサーリンク

東京十社めぐりのまとめ

【神社】東京十社めぐり~東京を再発見するルート、御朱印帳とご利益と順番
東京の主要な神社を巡るいい機会だと思い、通年実施されている「東京十社めぐり」に参加してみました。 東京十社を効率よく巡るためのポイントを紹介します。

東京十社めぐりの巡り方、持ち物、アクセス方法をまとめています。

コメント