モンシェール(東陽町)@パン~24時間工場直営、食べる手が止められないデニッシュパン

DSC04582.jpg

東京都江東区の東陽町にあるモンシェールに行ってきました。パン屋さんなのですが、工場直営で、焼きたてのデニッシュパンを24時間購入できる変わった店舗です。

有名人の深夜ラジオで「帰りにちぎりながら食べていたら、家に着いたらなくなっていた」という非常に興味がそそられる話だったので、実際に行ってみました。

スポンサーリンク

工場直営の焼きたてデニッシュパンを購入する

20171214_モンシェール_0023.jpg

東陽町です。

オフィスと工場がたくさんある地区なので、駅前は仕事帰りのサラリーマンでいっぱいです。

モンシェール

東陽町は一本道を外れると住宅街になってしまうので、始めてくると迷いやすいです。3回くらい角を曲がります。

東陽町駅から迷わず来れれば徒歩5分程です。

20171214_モンシェール_0017.jpg

モンシェールを発見しました!!!

オレンジの看板が目立ちます。周囲5m以内はあま~く香ばしいパンの匂いが漂っていました。これはたまらない…。

20171214_モンシェール_0010.jpg

本日のメニューは、プレーン2斤(980円)のみです。

20171214_モンシェール_0014.jpg

カウンターの奥ではデニッシュパンを焼いています。年中無休24時間で稼働しているのだとか…。銀座、東京駅、有楽町(交通会館で売っているのを買ったことがあります)などに卸しているようです。

20171214_モンシェール_0009.jpg

カウンターに置いてあるベルで従業員の人を呼び、購入する本数を伝えます。

20171214_モンシェール_0007.jpg

プレーン以外のシナモン、チョコレート、つぶあん、季節減て商品は4日前からの予約が必要となっていました。宅配もやっています。

20171214_モンシェール_0012.jpg

デニッシュパン1本づつ、紙袋に入れて渡されます。赤色と紺色の2種類がありますが、従業員さんが手に取ったものなのでランダムのようです。

20171214_モンシェール_0019.jpg

今回はクリスマスプレゼント用に友人に買ったので全部で4個。1つでも重いのに…4個はダンベルを持っているような重さでした…。

スポンサーリンク

買ってきたデニッシュパンを焼いてみる

DSC04576.jpg

自宅に帰って、さっそくデニッシュパンを食べます。贅沢に厚切りです。

DSC04578.jpg

パンの断面をみると空気が全体的に入っているので、モフモフな触り心地です。

DSC04577.jpg

よく見てみるとクリームがたっぷりと練りこまれていることがわかります。

DSC04581.jpg

では、トースターで焼いてみます。

スーパーで買う食パンの10倍の良い匂いがします。今回はカリカリに焼いてしまいましたが、表面にうっすら硬くなるような焼き方がちょうどよいと思います。

DSC04584.jpg

ラフランスのジャムがあったので、塗って食べました。表面はカリカリ、中はモッチリの食感です。デニッシュパン自体に生クリームが塗り込まれているので、ほんのりと甘いのですが、ジャムを塗っても喧嘩しません。

DSC04586.jpg

気づくと食べてしまっているので、2斤という大きさですが、あっという間に消化しそうです。

スポンサーリンク

モンシェールについて

20171214_モンシェール_0002.jpg

年中無休いつでも焼きたてのデニッシュパンが買えます。東陽町以外にも東京駅周辺で購入可能なので、贈答用やお土産に喜ばれると思います。重いですが…。

コメント