ボンディ(Bondy)@神保町本店~カレーの街で食べる老舗の欧風カレー

20170401-ボンディ_0016.jpg

神保町の「ボンディ(Bondy)」で、欧風カレーを食べてきました。

神保町と言えば、書店やスポーツ用品の街です。こと飲食に関してはカレー店が多く、「カレーの街」とされています。

ボンディはカレーの街である神保町を代表する老舗店です。都内近郊に8~9店舗展開しているようです。

スポンサーリンク

欧風カレー「ボンディ」神保町本店

靖国神社参拝の帰りに神保町へ

P4010041.jpg

いきなりの余談ですが靖国神社を参拝しました。

P4010069.jpg

目的は参拝ではなく、開花基準となる標本木。ニュースで毎年この桜が咲いているかを調査しているシーンが映るので気になっていました。

境内は多くの参拝客兼花見客で賑わっていました。

書店の奥にあるカレー店

20170401-ボンディ_0004.jpg

靖国神社から神保町へ徒歩で移動。

ボンディはビルの裏口から入るので、場所が分かりにくいことで有名です。意図せずして隠れ家的な店になっているようでした。

20170401-ボンディ_0005.jpg

薄暗いビルの廊下に行列ができています。

書店と連結しているので、本の匂いとカレーの匂いが混在しているカオスなスポットです。

20170401-ボンディ_0001.jpg

並んでいる最中に店員さんがメニューを渡してくれました。

メニューは10種類以上のカレーメニューがあり、「甘口・中辛・辛口」から選択できます。大盛りは無料でした。値段は1500円前後なので少し贅沢なカレーです。サラリーマンがランチで訪れる値段ではありません。

デザートはプリン、焼きりんご、アイスクリーム各種です。

20170401-ボンディ_0031.jpg

日曜日の12時前に訪れて30分ほど待ち入店できました。店内は狭く感じますが、50席はあるようです。

昔からある喫茶店のような内装です。

じゃがバターとなみなみあふれるカレー

20170401-ボンディ_0006.jpg

カレーを注文すると自動的にじゃがバターが提供されました。一人2個づつのようです。単体で食べても良いし、カレーに混ぜても良しらしい。

20170401-ボンディ_0010.jpg

テーブルにはトッピングが置かれています。

らっきょう、レーズン、福神漬け。福神漬けは茶色いやつで、自分の好みのタイプ。

20170401-ボンディ_0012.jpg

お待ちかねのカレーが登場です。

普通盛りでしたが、ご飯の量はたっぷりです。ん、ライスが黄色くなっている?

20170401-ボンディ_0014.jpg

とろけたチーズが乗っていました。

20170401-ボンディ_0015.jpg

カレーは表面張力になりそうなギリギリまで盛られていました。

20170401-ボンディ_0020.jpg

お肉がごろんとしていて食べごたえ抜群です。

欧風カレーなのでフルーツや野菜を煮込んでいるため、食感はざらっとしています。サラッとしているインドカレーと大きく違うところです。

ちなみにご飯とルーは半々に分けられていないと許せない派です。

20170401-ボンディ_0024.jpg

量が多いので、トッピングを足して味を変化させて頂きます。

20170401-ボンディ_0028.jpg

デザートに焼きりんごを頼みました。真っ赤なりんごの上にたっぷりのホイップクリームが乗っています。素朴な味で、誰でも受け入れられそうな美味しさです。

以上、ご馳走様でした。

スポンサーリンク

ボンディ(Bondy)へのアクセス

地下鉄「都営三田線」「新宿線」「半蔵門線」神保町駅 徒歩1分

コメント